2018/01/26 08:00

小林稔侍&壇蜜「星めぐりの町」はこれまで以上に“自分自身”が投影された映画

親子役で初共演
親子役で初共演

 [映画.com ニュース] 小林稔侍と壇蜜が映画.comの取材に応じ、親子役を演じたヒューマンドラマ「星めぐりの町」について語った。

 舞台は、愛知県豊田市。妻を早くに亡くし、娘で整備士の志保(壇蜜)と2人で暮らす豆腐職人・島田勇作(小林)のもとに、東日本大震災で家族を失った少年・政美(荒井陽太)が引っ越してくる。深く傷ついていた政美だったが、勇作とふれあううち、次第に心を開いていく。「蝉しぐれ」などで知られる黒土三男監督がメガホンをとった。

 「不能犯」(2月1日公開)や、「家族はつらいよ」シリーズの最新作「妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII」(5月25日公開)が控える小林は、意外にも本作が映画初主演作となった。76歳にして悲願を達成し、必要以上に力が入ってしまいそうなものだが、本作では「特別役作りはしなかった」という。そこには、これまで歩んできた俳優人生につながる“思い”があった。

 「僕が東京に出てきたのは終戦後15~6年経ったころですから、本当にまだ大変なときでした。そういう背景があったから、この撮影をやっていますと『この少年(政美)は、芸能界に入ったころの自分だったな』という思いがあるわけです。そのときにこの豆腐屋の親父のような(自分を導いてくれた)方がいてくれたから、今日まで来られたな、というね。そして今は、50何年たって、僕が今度、その豆腐屋の親父になって、この若い少年を引っ張るお手本にならなくちゃいけないんだと思ったんです。僕はそう思いながら撮影をしましたし、自分の70何年かの人生の中で、映画で自分を投影しながら撮影できたっていうのは、とっても感慨深いものがありましたね」。「お芝居には違いないんですが、素になってできた」と語る小林は、「逆に、“こんな俺でいいのかな”と思いました。お芝居をしっかり固めて、“今日やったぜ! どうだ!”ということは一切なかったから。着ているものも、靴下1枚まで自分のもの(私物)だったんです」と照れ笑いを浮かべる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >