2018/01/27 14:00

小林稔侍、感無量「56年目の夢に出合えた」“俳優人生始まりの地・東映”で初主演映画封切り

登壇直後から目元を潤ませる小林稔侍
登壇直後から目元を潤ませる小林稔侍

 [映画.com ニュース] 俳優・小林稔侍の映画初主演作「星めぐりの町」が1月27日、全国41館で公開された。小林をはじめ、共演の壇蜜、高島礼子、メガホンをとった黒土三男監督が東京・丸の内TOEIでの舞台挨拶。小林は、「第10期東映ニューフェイス」合格を機に俳優として歩み出し、役者人生は早56年。縁深い東映の劇場で、初主演映画が封切りを迎え「56年目の夢に出合えました」と感無量の面持ちだった。

 映画は、東日本大震災で家族を失い心に傷を負った少年・政美(荒井陽太)が、娘(壇蜜)と2人暮らしの豆腐職人・島田勇作(小林)との触れ合いのなかで、心を開いてくさまを描く。

 76歳にして映画初主演を果たした小林は、登壇直後から目元を潤ませ「皆さまのおかげで、夢のような出発を迎えることができました」と言葉を絞り出す。「56年前のちょうど今頃でございます。(東映ニューフェイスの)最終審査のテストがありまして。社長室に入りますと、田舎者ですから緊張していました。社長が履歴書を見まして『君は今年高校卒業なのに、どうして大学を受けないのかね』と聞かれたことを覚えています。今とは時代が違い、映画というのは夢の世界でしたから、最終審査に残れるなんて夢のようでした」と静かに振り返る。そして「同じ時期に、こういう場所で皆さんに高いところからお会いできるなんて、56年目の夢のようです。ありがとうございました」と噛み締めた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >