2018/01/27 17:00

司葉子、黒澤明&三船敏郎の“奇妙な絆”明かす 加山雄三の衝撃逸話も暴露

舞台挨拶に立った司葉子
舞台挨拶に立った司葉子

 [映画.com ニュース] 2月4日に閉館する東京・TOHOシネマズ日劇の特別イベント「さよなら日劇ラストショウ」で1月27日、三船敏郎主演の黒澤明監督作「用心棒」(1961)が上映され、出演の司葉子が舞台挨拶に出席。満場の観客に出迎えられた司は、「『日劇ラストショウ』が今日からということで、トップバッターとして来ました」とほほ笑み、「日劇ができて85年。ほぼ同い年です」と挨拶した。

 映画は、時代劇に西部劇の要素を取り入れた痛快娯楽活劇。司は小平の女房・ぬいを演じており、「まさに哀れな役なんです。ちょっと出て、殴られて、それでおしまい。でも殴ってくださった(おりん役の)山田五十鈴さんは、怖かったですね~。ほんのワンカットでしたが、鬼みたいでした」と身震いしてみせる。しかし、その経験が後に中村登監督作「紀ノ川」(66)で生きたそうで、「走って逃げる娘役の岩下志麻ちゃんを裸足で追いかけて、とっ捕まえて怒るシーン。その時に、『あ、あれだ!』と。山田五十鈴さんに成り代わって演じ、演技賞(第40回キネマ旬報賞主演女優賞など)をもらいました」と思いを馳せていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

テンション高く過ごせる日。遊びに仕事に全力投球。未体験の出...もっと見る >