2018/01/30 06:00

仲里依紗&大泉洋、棚橋弘至主演「パパはわるものチャンピオン」に参戦!

プロレスを愛する仲間たちを演じる (C)2018「パパはわるもの チャンピオン」製作委員会
プロレスを愛する仲間たちを演じる (C)2018「パパはわるもの チャンピオン」製作委員会

 [映画.com ニュース] プロレスラーの棚橋弘至主演で、大ヒット絵本を映画化する「パパはわるものチャンピオン」の追加キャストが発表された。仲里依紗、大泉洋、大谷亮平、寺脇康文らが出演する。

 映画は、作・板橋雅弘、絵・吉田尚令による絵本「パパのしごとはわるものです」と、その続編「パパはわるものチャンピオン」(2作とも岩崎書店刊)が原作。嫌われ者の悪役レスラー、ゴキブリマスクとして戦う孝志(棚橋)と、クラスメイトに父がゴキブリマスクであることを言い出せずにいる小学生の息子・祥太(寺田心)、そんな父子を見守る孝志の妻・詩織(木村佳乃)が織り成す心あたたまる家族の物語を描く。

 仲がプロレス雑誌の編集者・大場ミチコ役、大泉がミチコの上司である編集長役、大谷が孝志を長きにわたって支えてきた治療院の医師・大友役、寺脇が孝志が所属するライオンプロレスの社長・本田功役を演じている。

 「プロレスは、2回くらいしか見たことなかった」という仲は、「試合のシーンを生で見て、レスラーの方がぶつかり合っているところは興奮しましたし、かっこよかったです」「棚橋さんにお会いする前は、プロレスラーの方は体も大きくて、少し怖いイメージがあったのですが、180度違ってすごく優しくて、気さくにお話もしてくださいました」と撮影を振り返る。大谷も棚橋の人柄にギャップを感じたようで、「すごい威圧感があったり圧倒されたりするのかなと思っていたら、すごく雰囲気のやわらかい方でした」とコメントしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >