2018/02/01 06:00

周防正行監督、4年ぶり新作は「活劇」 東映と初タッグ「映画の面白さわき上がるものに」

新作に臨む周防正行監督
新作に臨む周防正行監督

 [映画.com ニュース] 周防正行監督の、4年ぶりとなる新作(タイトル未定)が製作されることが分かった。テーマは「活劇(アクション)」で、これまで「Shall we ダンス?」の社交ダンス、「それでもボクはやってない」の裁判(痴漢のえん罪)などオリジナルで斬新なテーマに挑んできた周防監督が、初めて映画そのものと向き合う。

 映画が活動写真と呼ばれていたれい明期の大正時代が舞台。無声(サイレント)映画に携わる人々の状況が、周防監督が1984年のデビュー作「変態家族 兄貴の嫁さん」などピンク映画を撮っていた頃のけん騒と重なるところがあり、「青春映画として撮ってみよう」と昨年1月に企画が本格始動した。

 無声映画の上映会に足繁く通うなど取材を重ね、脚本は80%ほどまで完成。制作のアルタミラピクチャーズ代表の桝井省志プロデューサーによれば、監督やカメラマンらスタッフ、弁士、興行主ら無声映画の製作、上映に関わる人々の人生模様にアクションと恋、笑いがちりばめられているという。「その時代の映画に関わっている人は、実際に若い人が多かった。7、8人が中心の青春群像劇になる。キャストも20代が中心になると思う」と明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >