2018/02/01 07:00

「ママレード・ボーイ」銀太役はEXILE佐藤大樹!桜井日奈子&吉沢亮と究極の三角関係

場面写真&オフショット& メイキングも一挙公開 (C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画 「ママレード・ボーイ」製作委員会
場面写真&オフショット& メイキングも一挙公開 (C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画 「ママレード・ボーイ」製作委員会

 [映画.com ニュース] 「EXILE」の最年少メンバーで、9人組パフォーマンスグループ「FANTASTICS」のリーダーとしても活躍する佐藤大樹が、吉住渉氏の人気少女コミックを実写映画化する「ママレード・ボーイ」に出演していることがわかった。恋愛映画初挑戦の佐藤が演じるのは、原作漫画でも人気の高いキャラクター・須王銀太。ダブル主演の桜井日奈子&吉沢亮とともに、“究極の三角関係”を繰り広げる。さらに場面写真、オフショット、メイキング映像も一挙に披露された。

 1992~95年に「りぼん」に連載された人気漫画を、「ストロボ・エッジ」「PとJK」の廣木隆一監督のメガホン、ドラマ「ラブジェネレーション」「神様、もう少しだけ」などの浅野妙子の脚本で実写映画化。高校生・小石川光希(桜井)は、ある日突然、両親(檀れい&筒井道隆)から離婚すると告げられる。さらに両親は「ハワイ旅行で出会った松浦夫妻(中山美穂&谷原章介)と気が合い、互いのパートナーを交換して再婚する」と説明し、「松浦夫妻の1人息子・遊(吉沢)も含めみんなで一緒に暮らそう」と爆弾発言。2組の家族による常識外れな共同生活が始まると、光希は無愛想だが優しい遊に惹かれていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >