2018/02/02 14:00

劇中には“あの日本のキャラ”が登場!来日した「レディ・プレイヤー1」原作者が情報明かす

(左から)ドナルド・デ・ライン、 アーネスト・クライン氏
(左から)ドナルド・デ・ライン、 アーネスト・クライン氏

 [映画.com ニュース] 世界中の人気キャラクターが続々と登場するスティーブン・スピルバーグ監督作「レディ・プレイヤー1」の原作者で、共同脚本も手がけたアーネスト・クライン氏とプロデューサーのドナルド・デ・ラインが来日し2月1日、東京・VR ZONE SHINJUKUで行われたセレブレーションイベントに参加した。

 クライン氏によるSF小説「ゲームウォーズ」を原作に、世界中の人々がアクセスするバーチャルリアリティ“OASIS”で繰り広げられる冒険を描く。2045年、米オハイオ州コロンバス。孤独な青年ウェイド・ワッツ(タイ・シェリダン)が、OASISのどこかに眠るという“宝の卵”を見つけるべく、全人類が参加するトレジャー・ハンティングに挑む。

 日本初公開となる映像の上映のほか、ウェイドが住んでいる“スタックパーク”や、“無重力ダンスクラブ”など、貴重なコンセプトアートが多数公開された。すでに公開された映像では、「機動戦士ガンダム」のRX-78 ガンダムや人気ゲーム「ストリートファイター」シリーズの春麗、「AKIRA」の金田バイク、「アイアン・ジャイアント」のロボットが登場し、話題を呼んでいるが、クライン氏は「ロボコップ、『カウボーイビバップ』のソードフィッシュII、『マッドマックス』のインターセプターも登場するよ。あと、金田のバイクにはハローキティのステッカーが貼ってあるんだ。キティは、アバターとしても出てくる」と明かし、会場は騒然。さらに、「森崎ウィン演じるキャラクターのアバターの顔が、三船敏郎さんなんだ。スピルバーグ監督が三船さんの友達だから実現したんだよ」と衝撃発言も飛び出した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >