2018/02/04 15:00

藤竜也「東の狼」で10日間以上、事前に猟師体験 役作りがだんだんマニアックに

 [映画.com ニュース] 名優の藤竜也が主演する新作「東の狼」が2月3日、公開された。河瀬直美監督がエグゼクティブプロデューサーを務め、キューバ人の新鋭監督がメガホンをとった意欲作。山深い奈良・東吉野村を舞台に、元船乗りの老猟師が幻のニホンオオカミを追い求める姿を描く。俳優歴55年の藤は事前に船舶学校を訪ね、猟師生活をするなどプロファイリングをして撮影に臨んだ。そのきっかけとは?(取材・文・写真/平辻哲也)

 監督は、1984年生まれのキューバ人のカルロス・M・キンテラ氏。「なら国際映画祭」が今後の活躍が期待される新鋭監督を奈良に招き、映画製作する「NARAtiveコンペティション」(2014)で審査員特別賞を受賞。16年4月に、ニホンオオカミの絶滅の地として知られる奈良・東吉野村で全編撮影し、その年10月、なら国際映画祭でワールドプレミアされた。

 「2年前に河瀬さんと新横浜でお会いして、話を頂いたんです。キューバの若い監督と仕事をする機会もなかなかありませんし、面白いかな、と。監督のカルロスとは英語でやりとりしましたけど、彼も得意ではなかったので、辛かったとは思いますね。でも、説明したら身も蓋もないところがあってね。狼にしても鹿にしても、彼にとっては記号のようなもんで、意味を言われても興ざめなんです。あまり深く考えずにやりました。(劇場公開版は)編集をやり直した2つ目のバージョンなんですけども、随分良くなっている」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >