2018/02/06 20:00

有村架純、25歳迎え感じる“成熟”の手応え「母親役を演じられる年になったんだ」

母親役に挑戦した有村架純、撮影風景
母親役に挑戦した有村架純、撮影風景

 [映画.com ニュース] 鉄道に関わる人々の人生をつづる「RAILWAYS」シリーズの新作「かぞくいろ」の撮影現場が、このほど報道陣に公開された。鹿児島・川内~熊本・八代を結ぶ肥薩おれんじ鉄道沿線でのロケで、主演の有村架純をはじめ共演の國村隼、桜庭ななみ、子役の歸山竜成(きやまりゅうせい)くん、メガホンをとった吉田康弘監督が取材に応じた。

 2010年5月に中井貴一主演の第1弾「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」、11年12月に三浦友和主演の第2弾「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」が公開された本シリーズ。第3弾となる今作は「再出発」をテーマにした家族の物語で、若くしてシングルマザーになった晶(有村)が、鹿児島で暮らす義父・節夫(國村)を訪ね、節夫と同じ肥薩おれんじ鉄道の運転士になる様子を描く。

 有村扮する晶は、夫と連れ子・駿也(竜成くん)とともに暮していたが、夫が他界したことを機に、血の繋がっていない駿也を育てていくという難役だ。演じる思いを問われると、「私は今月(2月13日)で25歳になり、母親役を演じられる年になったんだなと思いますし、自分の演じる役の幅が少し広がる年齢になったんだなあとも実感し、とても嬉しく思っています」としみじみ明かした。芸能界入りしてから約8年。さまざまな経験を積み成熟期を迎えた今、母親役に挑戦することに、特別な感情がこみ上げる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >