2018/02/08 16:35

高橋一生「ルーヴル美術館展」サポーター就任も音声ガイドに不安「声が眠くなる」

会見した高橋一生
会見した高橋一生

 [映画.com ニュース] 俳優の高橋一生が2月8日、「ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか」のオフィシャルサポーターに就任し、東京・汐留の日テレホールで会見に臨んだ。

 本展は、ルーヴル美術館・全8部門の全面協力のもと、約110点の展示を通して、肖像芸術の社会的な役割や表現上の特質を浮き彫りしていく。3000年以上前のエジプトの棺用マスク、ルイ14世やナポレオンの君主像など、“ルーヴルの顔”を一挙に展示。肖像の制作に臨んだ芸術家たちはどのような素材や手法を用い、どのような表現を生み出してきたのかを掘り下げる。

 オフィシャルサポーターに抜てきされた高橋は、「日仏友好60周年の記念の年に選んでいただき大変嬉しく思っております。僕は普段、芝居をやらせていただいているので、顔の表現にとても興味があり、勉強になれば。楽しみながら務めさせていただければ」と就任の喜びを語る。本展の音声ガイドも担当することが決まっているが、「親しい友人だったり、事務所の人間に声が眠くなると言われていまして(笑)。はきはきしっかりと、皆さんが美術に没頭できるように、助けになるようなガイドができれば。どうか眠くならないように(笑)」と不安を吐露した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >