2018/02/09 14:30

「悪女」の驚がくアクションはどうやって撮った?監督が舞台裏を解説

監督はアクションスクール出身
監督はアクションスクール出身

 [映画.com ニュース] 藤原竜也と伊藤英明が共演したヒット作「22年目の告白 私が殺人犯です」のオリジナル版となる「殺人者の告白」を手がけたチョン・ビョンギル監督の最新作「悪女 AKUJO」。オープニングの圧巻の犯罪組織への殴り込みやバイクに乗った暗殺者と追手たちによるバトルなど「CGを使ったのは安全のためのワイヤーを消す作業など、ごく一部」という言葉がにわかに信じられないほどすさまじいアクションの数々は、どのようにして生まれたのか? 初来日を果たした監督に話を聞いた。

 父を殺され、犯罪組織に殺人術を叩き込まれて育てられるも、ある事件をきっかけに政府直属の暗殺者として第2の人生を歩み始めたスクヒ(キム・オクビン)。彼女の数奇な運命を描く本作では、オープニングから7分にも及ぶ怒とうのアクションが畳みかける。父亡き後の育ての親で、愛する夫でもあるジュンサン(シン・ハギュン)を殺されたスクヒが対立組織のアジトに乗り込み、構成員を次々と倒していくが、まるでゲーム画面のように、観客はスクヒの視点で、迫りくる敵たちを倒していくさまを“体験”する。このアイデアは、監督が数年前にVR(バーチャル・リアリティ)を使っての短編をオファーされた経験から生まれたという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >