2018/02/12 21:30

「さぬき映画祭」グランプリ作は川岡大次郎プロデュース作品

グランプリ受賞を喜ぶ川岡大次郎
グランプリ受賞を喜ぶ川岡大次郎

 [映画.com ニュース] 「さぬき映画祭2018」のクロージングセレモニーが2月12日、高松市・さぬき国際会議場で行われ、「さぬきストーリー・プロジェクト」の第1位には、俳優の川岡大次郎がプロデュースし、田中佑和監督の「HELP!!」が決まった。

 「さぬきストーリー・プロジェクト」は香川での面白いエピソードや感動する話、歴史や伝説などの「ストーリー」を募集するとともに、その中から原作を選び、それを基に制作したショートムービー(5分以内)を募集するもの。来場者などの投票でグランプリを決定する。作品のストーリー提供者には賞金3万円、ショートムービー制作者には、賞金100万円が贈られる。今年は27本が対象作品。「HELP!!」は356票を集め、2位には倍近い差をつけた。

 「HELP!!」は風邪と診断された小学生の男の子が病院で注射を打たれそうになり、病院を逃げ出すも、最後は診察台に抑えられ、泣きながら助けを求めたという話。「水曜どうでしょう」の嬉野雅道ディレクターから名前を読み上げられた受賞者は大喜び。「UDON」など本広克行監督作品の常連でもある川岡は「本気で応募しようと思っていました。この場には、プロデューサーという立場で来ています」とあいさつ。本広監督から「興奮していますね?」と言われると、「そりゃ、しますよ」と大喜びだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >