2018/02/15 19:00

映画のキャッチコピーは進化したか?「映画のキャッチコピー学」の樋口尚文氏が選ぶ名惹句

取材に応じた樋口尚文氏
取材に応じた樋口尚文氏

 [映画.com ニュース] 日本で映画が産業として成立し始めた1920年代から現在にいたる映画宣伝の惹句、キャッチフレーズをその手法や切り口でまとめ、その映画の本質や時代背景に迫った「映画のキャッチコピー学」(洋泉社)。その著者は、電通で30年間クリエイティブ・ディレクターを務め独立し、映画監督で映画評論家として活躍する樋口尚文氏。約100年間のキャッチコピーを紐解いて、明らかになった驚愕の事実とは?

 宣伝コピーを生業にしてきた樋口さん。その原体験は佐賀・唐津に住んでいた6歳の頃にさかのぼる。「田舎の映画館は、独自のチラシを作っていたんです。それが新聞に織り込んであって、漢字も読めないのに、親の前で朗読していたりしました。結構、きわどいエロティックな惹句もありまして、親は面白がって、聞いていました。映画少年だった70年代は映画館を巡ってはチラシをもらい、見ていない映画を想像したりしました。チラシのビジュアルよりも映画への妄想をかきたてるコピーに惹かれていました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >