2018/02/16 14:00

スコットランド発の人生賛歌「ウイスキーと2人の花嫁」監督が語る絆とノスタルジー

初来日したギリーズ・マッキノン監督
初来日したギリーズ・マッキノン監督

 [映画.com ニュース] 第2次世界大戦中を舞台に、スコットランドの小さな島で繰り広げられるウイスキーと結婚をめぐる騒動を描いたヒューマンドラマ「ウイスキーと2人の花嫁」。メガホンをとったギリーズ・マッキノン監督が2017年12月上旬に初来日を果たし、騒動記であり人生賛歌である本作でつむいだ絆とノスタルジーを振り返った。

 ドイツによるロンドン空襲が激しさを増す中、スコットランド沖のトディー島では“命の水”であるウイスキーが底を付き、誰もが意気消沈していた。島の顔役のひとりである郵便局長のジョセフには、結婚を望んでいる娘が2人いる。しかし、ウイスキーがなくては婚約、結婚の儀式は執り行えない。そんな中、輸出用のウイスキーを大量に積んだ貨物船が島の近くで座礁。そのうわさを聞きつけた島民たちは、ウイスキーの“救出作戦”に乗り出す。

 戦時中の物語ながら、凄惨な戦闘シーンは皆無で、むしろ牧歌的だ。「島民たちにとって戦争はただ不便なだけで、遠い世界の出来事なんです。私たちは戦争が悲惨なものだと知っていますが、島民たちにとって問題なのはウイスキーだけ。『なんともひどい戦争だ』なんて嘆いているけど、それはウイスキーを切らしたってだけなんですよね(笑)」と、滑稽さを指摘する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >