2018/02/16 19:00

二階堂ふみ&吉沢亮「リバーズ・エッジ」引っさげベルリン映画祭に登場!

レッドカーペットでも堂々と振る舞った
レッドカーペットでも堂々と振る舞った

 [映画.com ニュース] 第68回ベルリン国際映画祭が開幕した2月15日(現地時間)、行定勲監督の「リバーズ・エッジ」がパノラマ部門のオープニング作品として上映され、行定監督とともに主演の二階堂ふみ、吉沢亮が現地入りを果たし、大きな注目を集めた。

 行定監督にとってベルリン映画祭への参加は、同じくパノラマ部門に出品した「GO(2001)」から数えて5度目。同部門は伝統的にコアなファンを擁し、近年はLGBTQ映画やレイシズムをテーマにした作品にも力を入れるなど、その特色を増している。そんななか、今回オープニング作品に選ばれたことについて、行定監督は「まさかオープニングとは思わなかった。映画祭にとっても(こうした内容の作品を選ぶことは)勇気ある選択だと思いました」と喜びを露わにした。

 レッドカーペットに登場した3人は、無数のフラッシュがたかれるなか、笑顔で対応。UNDER COVERのドレスに身を包んだ二階堂は、「すごい盛り上がってて、ベルリンに来ることが出来たということを実感していて、とても感動しております。若い世代と、今まで色んな映画を作り続けてこられた世代の方、みんなで作った映画なので、魂のぶつかり合いのようなものを感じていただけたらいいなと思ってます」、吉沢は「僕は、映画祭自体というものが初めてですし、街全体の活気もすごくて、楽しい経験をしているな、と思ってます。キャストもスタッフも全員魂を削りながら撮った作品なので、本当にたくさんの方々に見ていただきたいです」と熱く語った。なお、この日は3回上映があり、そのうちの2回でゲスト3人がQ&Aに参加した。会場はほぼ満席となり、終映は深夜にも拘らず、熱心に最後までトークに聞き入る観客が目立った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >