2018/02/21 16:00

徳永ゆうき&前川清の長男・紘毅、養護施設で生まれた友情を映画で体現 原作者が絶賛

「無敵のハンディキャップ」の著者による小説を映画化
「無敵のハンディキャップ」の著者による小説を映画化

 [映画.com ニュース]前川清の長男であるシンガーソングライター・紘毅と、演歌歌手・徳永ゆうきがダブル主演した映画「バケツと僕!」の完成披露試写会が2月21日、東京・飯田橋の神楽座であり、主演2人と原作者の北島行徳氏、メガホンをとった石田和彦監督、「ダウン症のイケメン」としてタレント活動を行い、本作にも出演したあべけん太が出席した。

 「無敵のハンディキャップ」の著者・北島氏による小説「バケツ」を原作に、養護施設で働くことになった気弱な少年・神島(紘毅)と、軽度の知的障害を持ち、「バケツ」というあだ名の15歳の少年(徳永)の友情を描く。バケツ役の徳永は「障害を持ちつつも、健常者の扱いをされるという非常に難しい役どころだった。正直、自分のなかではイメージが沸きずらかった。撮影に入る前にあべけん太さんとお話させていただいたりしまして、イメージをどんどん作り上げていきました」と役作りの苦労を明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >