2018/02/24 10:00

松坂桃李が「僕を、買ってください。」 「娼年」ポスター2種公開

人気を博した舞台を映画化 (C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
人気を博した舞台を映画化 (C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

 [映画.com ニュース] 第126回直木賞候補となった石田衣良氏の小説を松坂桃李主演、三浦大輔監督で2016年の舞台に続き映画化した「娼年」のポスタービジュアル2種が、公開された。

 無気力な毎日を送っていた大学生・森中領(松坂)は、女性専用コールクラブのオーナー、御堂静香(真飛聖)に見いだされ、“娼夫リョウ”として働くことに。領は、仕事を重ねるなかで、女性1人ひとりの中に隠されている欲望の本質に気づき、自らの心も解放させていく。

 ポスターでは、娼夫・リョウとして夜の街にたたずむ姿と、女性に抱かれるさまがそれぞれ描かれている。潤んだ瞳のリョウが描かれたバージョンでは「僕を、買ってください。」、女性との情事にふけるバージョンでは「そして僕は、娼夫になった―─」というセンセーショナルなキャッチコピーが躍り、松坂のなりきりぶりも相まって、どこか哀切な雰囲気を醸し出している。

 「彼女がその名を知らない鳥たち」や「不能犯」、「孤狼の血」(5月12日公開)など、作品ごとにまったく違う顔を見せる演技派・松坂が娼夫という役柄をスクリーンでどこまで追求しているか、その覚悟のほどがうかがえるデザインだ。

 「娼年」は、冨手麻妙、猪塚健太、桜井ユキ、小柳友、馬渕英里何、荻野友里、佐々木心音、大谷麻衣、階戸瑠李、西岡徳馬、江波杏子らが脇を固める。4月6日から全国公開。R18+(18歳未満入場不可)指定。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >