2018/02/24 11:30

アカデミー賞、久々の日本人受賞なるか?これまでの受賞実績を復習

黒澤明監督の名誉賞受賞では ルーカス&スピルバーグがプレゼンターに 写真:AP/アフロ
黒澤明監督の名誉賞受賞では ルーカス&スピルバーグがプレゼンターに 写真:AP/アフロ

 [映画.com ニュース] 約1週間後に迫った第90回アカデミー賞授賞式。今年は、「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」の日本人特殊メイクアップアーティスト・辻一弘氏がメイクアップ&ヘアスタイリング部門、桑畑かほる監督が共同監督を務めた「Negative Space(原題)」が短編アニメーション賞にノミネートされている。久々の快挙に期待が高まる中、これまでの日本人・日本作品の受賞の歴史を振り返る。

 日本作品で初めてオスカーを受賞したのは、黒澤明監督作「羅生門」(50)。第24回のことで、当時は外国語映画賞がなく、アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーの理事会の投票で名誉外国語映画賞に選出された。一般会員の投票により選ばれた最初の日本人受賞者は、「地獄門」(53)の和田三造氏で、第27回の衣装デザイン(カラー)賞を獲得。同作は、名誉外国語映画賞にも選らばれた。

 花形の俳優部門では、「サヨナラ」(57)のミヨシ梅木が助演女優賞に輝いたのが、日本人、ひいてはアジア人で初。その後、ワダエミや石岡瑛子(衣装デザイン賞)、坂本龍一(作曲賞)らがオスカー像を手にした。宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」(01)が長編アニメーションに輝いたのも忘れてはならない。近年では2009年の第81回で、滝田洋二郎監督の「おくりびと」が外国語映画賞、加藤久仁生監督の「つみきのいえ」が短編アニメーション賞とダブル受賞を果たした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >