2018/02/26 11:00

ジョージ・クルーニー、オプラ・ウィンフリーら銃規制を求める活動に5400万円寄付

米フロリダの銃乱射事件を受け決意 Photo by Gregg DeGuire/WireImage
米フロリダの銃乱射事件を受け決意 Photo by Gregg DeGuire/WireImage

 [映画.com ニュース] 米フロリダ州の高校での銃乱射事件を生き延びた在校生らが銃規制の強化を求める大規模なデモ行進を実施するにあたり、米俳優ジョージ・クルーニーと妻で人権派弁護士のアマル・クルーニーさんが、活動支援金として50万ドル(約5400万円)を寄付すると表明した。

 フロリダ州パークランドにあるマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で2月14日(現地時間)に起きた銃乱射事件では、半自動ライフル銃「AR15」で武装した19歳の少年によって17人が殺害された。事件を生き延びた同校の生徒5人は早々に、「私たちの命のための行進(March for Our Lives)」と名づけたデモ行進の計画を発表。3月24日に首都ワシントンDCで行われるこのデモ行進は、米国内で後を絶たない銃暴力に対して、真に有効性のある法律の整備を議会に呼びかけるもので、同生徒らが米ABCニュースの報道番組「This Week」に語ったところによれば、当日はワシントンDCのほか、全米各地で同様の集会が開かれる予定だという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >