2018/02/27 15:30

【デル・トロ監督インタビュー:前編】「シェイプ・オブ・ウォーター」のタイトルに込めた真意

サービス精神おう盛なデル・トロ監督
サービス精神おう盛なデル・トロ監督

 [映画.com ニュース] 監督最新作「シェイプ・オブ・ウォーター」で第90回アカデミー賞最多13ノミネートを記録した鬼才ギレルモ・デル・トロ監督が、ノミネート直後の1月下旬に来日。映画.comでは、作品の舞台裏やテーマ、自身の映画作りへの思いなど、デル・トロ監督がインタビューで語った生の声を全2回に分けてお届けする。

 世界の映画賞で87受賞・268候補(IMDbより。2月26日時点)と驚異的な支持率を誇る本作は、とある出来事によって声を失った清掃員イライザ(サリー・ホーキンス)と、イライザの職場である政府の極秘研究所に捕らわれた不思議な生き物の絆を描いたファンタジックなラブストーリー。イライザと“彼”の恋愛以外にも、各キャラクターごとに同性愛、夫婦愛、隣人愛といったさまざまな愛のドラマがちりばめられ、“愛の多様性”を感じさせる芳醇な仕上がりになっている。

 デル・トロ監督は「男女の愛やロマンチックな愛、友情、仕事や科学に対する愛。または、誰かのために何かを行う(献身的・自己犠牲的な)愛。“愛”というのはさまざまな形を持っている。水も同じだよね。決まった形がなく、色々な形になる。僕は、“愛”と“水”は同じだと思っているんだ。(本作では)愛の可能性について探りたかったんだよ」と慈しむようなまなざしで語る。監督の思いは本作のタイトルにも反映されており、「シェイプ・オブ・ウォーター(水の形)」は、人物ごとに姿を変える「愛そのもの」を示している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >