2018/02/27 16:30

「レッド・スパロー」監督、ジェニファー・ローレンスを動かしたオファー方法とは?

「ハンガー・ゲーム」シリーズでも 組み信頼は絶大 (C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
「ハンガー・ゲーム」シリーズでも 組み信頼は絶大 (C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

 [映画.com ニュース] 「ハンガー・ゲーム」シリーズで知られるフランシス・ローレンス監督が、ジェニファー・ローレンスと再タッグを組んだスパイスリラー「レッド・スパロー」について語った。

 元CIA工作員のジェイソン・マシューズ氏による同名小説を映画化。病気の母に治療を受けさせるべく、ハニートラップと心理操作を武器としてミッションを遂行するロシアのスパイ“スパロー”となったドミニカ(ローレンス)が、命がけの任務に身を投じていく。「ブライト」のジョエル・エドガートン、「リリーのすべて」のマティアス・スーナールツ、「ジャスティス・リーグ」のジェレミー・アイアンズ、「オリエント急行殺人事件」のセルゲイ・ポールニン、「さざなみ」のシャーロット・ランプリングら豪華キャストが名を連ねた。

 「原作を読んでとても気に入った。同時に、この主人公をジェニファー・ローレンスならやれると思った。そして何よりも、僕は彼女とまた仕事をしたかったんだよ」とオスカー女優ローレンスへの絶対的な信頼をのぞかせる監督。「ジェニファー(・ローレンス)とは5年のあいだに3つの映画をやってきたんだが、今後はまったく違ったものを一緒にやりたいと思っていた。キャラクターの外見も演技も、物語のテーマもトーンもまるで違う。そんな環境に彼女を導いたら、どんな演技を見せてくれるだろうとワクワクしたんだ」と自身にとってはローレンスありきの企画だったというが、「でも彼女がこういうテーマを引き受けるか、こういった強烈な内容を受けるかどうか、心配だったんだ」と過激な内容に懸念もあったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >