2018/02/27 19:30

坂本龍一、ベルリン映画祭でパフォーマンス披露 ベンダースとは小津安二郎語る

「東京暮色」を紹介した坂本龍一とビム・ベンダース
「東京暮色」を紹介した坂本龍一とビム・ベンダース

 [映画.com ニュース]第68回ベルリン国際映画祭コンペティション部門の審査員を務めた坂本龍一が、同映画祭の併設部門「タレント」(旧タレント・キャンパス)で、ベルリン在住の現代アーティストで音楽家のカールステン・ニコライ(別名、アルバ・ノト)と、2月22日に音楽パフォーマンスを披露した。

 これまで何度もコラボレーションを果たしているふたりだが、お互いにあらかじめ頭で考えるのではなく、その場で生まれるクリエイティビティを大切にしたいと考えるだけに、打ち合わせは一切なしだったという。「ただピアノを弾くことに飽きてしまった」と語る坂本はこの日、鉄製の火箸、ギターストリングス、アルミフォイルといったユニークなツールを用いてピアノの弦を響かせることが多く、その特殊な音色がニコライのアンビエントな響きと融合し、実験的でどこにもない和音を生み出した。

 ベルリンという環境について坂本は、「アカデミックな文化もある一方、世界中から若いアーティストが集まり、多国籍的でフェスティブな雰囲気がある。ドイツの現代音楽ではありとあらゆることがやり尽くされているから、一般の観客でも新しいことを鑑賞することに慣れている。規制概念を壊すようなことに対してすごくオープンだと思います」と語ってくれた。その言葉通り、およそ30分の演奏に聞き入っていた観客は、終演後満場の熱気ある拍手で迎えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >