2018/03/03 12:30

「ハッピーエンド」で4度目タッグ!イザベル・ユペール、“ハネケ流”演出術明かす

知性がうかがえるインタビュー映像 (C)2017 LES FILMS DU LOSANGE - X FILME CREATIVE POOL Entertainment GmbH – WEGA FILM – ARTE FRANCE CINEMA - FRANCE 3 CINEMA - WESTDEUTSCHER RUNDFUNK - BAYERISCHER RUNDFUNK – ARTE - ORF Tous droits réservés
知性がうかがえるインタビュー映像 (C)2017 LES FILMS DU LOSANGE - X FILME CREATIVE POOL Entertainment GmbH – WEGA FILM – ARTE FRANCE CINEMA - FRANCE 3 CINEMA - WESTDEUTSCHER RUNDFUNK - BAYERISCHER RUNDFUNK – ARTE - ORF Tous droits réservés

 [映画.com ニュース]実力派女優イザベル・ユペールが、「愛、アムール」のミヒャエル・ハネケ監督と4度目のタッグを組んだ「ハッピーエンド」(公開中)について語ったインタビュー映像が、公開された。

 物語の舞台は、難民が多く暮らすフランス北部の町、カレー。祖父ジョルジュ(ジャン=ルイ・トランティニャン)を筆頭に、豪華な邸宅に3世代で暮らすロラン一家の元に、孫娘エヴ(ファンティーヌ・アルドゥアン)が呼び寄せられたことから、家族が崩壊していくさまを描く。「エル ELLE」や「母の残像」「ピアニスト」などで知られるユペールは、ジョルジュの後継者であるアンヌを演じている。

 「これまでと同じで、役柄についての話し合いはほとんどしません。彼は心理的なアプローチが嫌いなので、私から無駄な質問もしません」と語ったユペールは、「俳優同士でもいちいち話し合う必要はありません。映画は1つの言語を内包しているので、現場で言うべきことを言うまでです」と断言する。知性派として知られるユペールらしい“役者論”となる。かねてより日本通でもあるユペールは、「日本は映画出演したい国の1つです。例えば、是枝裕和監督や河瀬直美監督ですね」とはにかみつつ、野望を明かしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >