2018/03/03 16:35

富田靖子&松下由樹の“生みの親”が涙 デビュー作「アイコ十六歳」豊橋で上映

オーディション敢行当時の話題で盛り上がる 松下由樹と涙を拭う大里洋吉氏
オーディション敢行当時の話題で盛り上がる 松下由樹と涙を拭う大里洋吉氏

 [映画.com ニュース] 富田靖子と松下由樹の女優デビュー作「アイコ十六歳」(1983)が3月3日、愛知県で開催中の「ええじゃないか とよはし映画祭2018」で上映された。松下は、製作を務めた大里洋吉氏(アミューズ代表取締役会長)、本映画祭プロデューサーの森谷雄氏とともに開発ビルでのトークショーに臨んだ。

 堀田あけみ氏の小説「1980アイコ十六歳」を、富田主演、今関あきよし監督のメガホンで映画化。名古屋を舞台に弓道に明け暮れる女子高生の、ひと夏の青春を描いた。本作の企画段階から携わった大里氏は、この日の上映を客席で見ていたことを明かし「作って何回か見て以降、30何年見ていなかった。忘れているシーンもあり、『ああそうだったな』と思ったら涙が出てきちゃった」と照れくさそうに話し、あふれる涙をぬぐった。

 本作のキャストは大規模なオーディションで募集した。大里氏は「オーディションは『君、夏休みに映画に出てみないか』というキャッチコピーだった。子どもたちは全員オーディションで選ぼうと決めていた。名古屋だけでも何万人も応募していただいて、その中に由樹もいた」と述懐。松下も「そうです。確か12万7000人くらいの応募があって。名古屋地区だけで6万人近くの子どもたちが集まりました。何回も勝ち抜かなくてはいけなくて、最終的に全国オーディションでそれぞれの役に選ばれていく」「ちょうど中学3年生だったのですが、名古屋の地下鉄を歩いていたら、チラシを受け取った。そして(オーディションを)受けたんです」と当時を振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >