2018/03/03 16:50

ストーカーと片思いの境界線は? 松井玲奈、加藤雅也の“片思いの定義”に爆笑

加藤雅也との舞台挨拶で 爆笑する松井玲奈
加藤雅也との舞台挨拶で 爆笑する松井玲奈

 [映画.com ニュース] 「片思い」がテーマの短編を集めたオムニバス映画「全員、片想い」が3月3日、愛知県で開催中の「ええじゃないか とよはし映画祭2018」で上映された。収録作「僕のサボテン」のメガホンをとった永田琴監督、「ラジオパーソナリティー」主演の加藤雅也、本映画祭アンバサダーの松井玲奈が穂の国とよはし芸術劇場PLATでトークショーを行った。

 加藤がDJを務めるFMヨコハマのラジオ番組「BANG!BANG!BANG!」と小説投稿サイト「E★エブリスタ」の共同企画として製作された本作は、全8作の短編で構成。伊藤沙莉、中川大志、森絵梨佳、桜田通、広瀬アリス、斎藤工、知英、新川優愛、志尊淳、清水富美加、千葉雄大、橋本マナミ、横浜流星、加藤の14人が主演を務め、さまざまな形の“片思い”をつづった。

 本作の感想を問われた松井は、「(登場人物が)みんな片思いをしているから、恋が実るものも、実らないものもあったりする。すれ違いが切なくて、キュンとしながら見ていました」と告白。これに対し加藤は、本作を製作するうえで「ひとつルーツがあった」と話し、「(好きな)相手に対して、自分の気持ちを言葉にしてはいけないということになっていた。全部のエピソードがそうなっているんです」と説明する。そのうえで、「だからストーカーと片思いの境界線はどこにあるかというと“(思いを直接)伝えない』”ということです」と独自の定義を展開すると、場内は大爆笑だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >