2018/03/03 23:00

松居大悟監督「アイスと雨音」新人・田中怜子の情熱を激賞「こういう人が作品に必要」

封切に感無量
封切に感無量

 [映画.com ニュース] 松居大悟監督がオーディションで選び抜いた少年少女たちを主演に据えた青春映画「アイスと雨音」が3月3日、東京・渋谷のユーロスペースで封切られ、松居監督をはじめ出演の森田想、田中怜子、田中偉登、青木柚、紅甘、戸塚丈太郎、門井一将、若杉実森、主題歌を担当した2人組ヒップホップバンド「MOROHA」のアフロとUKが舞台挨拶に出席した。

 「私たちのハァハァ」「アズミ・ハルコは行方不明」などで知られる松居監督の実体験に基づく作品で、演技経験不問の400人規模オーディションを敢行。ある小さな町で舞台が上演されることになり、選ばれた6人の少年少女が初舞台に向け稽古に励んでいた。しかし突然、公演の中止が告げられてしまう。「ねえ、稽古しようよ」。1人の少女がつぶやいた時、物語は再び動き出す。

 現実と虚構、映画と演劇の狭間でもがく若い男女の1カ月を、74分ワンカットの手法で紡いだ意欲作。松居監督は「1年前の今くらいに、もともとやろうとしていた舞台が中止になり、悔しくて、どうしよう、何とかしてこの感情を形にできないかとアフロと話したりしていて」と振り返り、「アフロも言うように、感情は時間が経つと忘れたり、変わっていく。でも今の感情は間違いなく存在していて、それを作品として落とし込むことは、表現の仕事に携わっている以上、価値があると思った」と述懐する。そして「最初からワンカットでやろうと考えていた。舞台は始まったらカーテンコールまで止まらずにいく。この映画も止まっちゃダメだと思った」と信念を明かし、「この作品に関わった人々、みんなが魂を込めて作ってくれた。このまま無視されて終わるのは、嫌だ。今日始まったばかりです。広めてくれると嬉しいです」と切なる思いを込めた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >