2018/03/06 12:00

第90回アカデミー賞授賞式、女性・移民・性的マイノリティを鼓舞するスピーチ続々

オスカー像を置いて女性ノミニーたちを 紹介したフランシス・マクドーマンド 写真:ロイター/アフロ
オスカー像を置いて女性ノミニーたちを 紹介したフランシス・マクドーマンド 写真:ロイター/アフロ

 [映画.com ニュース] 第90回アカデミー賞授賞式が米ハリウッドのドルビー・シアターで3月4日(現地時間)に開催された。作品賞・監督賞を獲得した「シェイプ・オブ・ウォーター」のギレルモ・デル・トロ監督をはじめ、受賞者やプレゼンターが、世界最大の映画の祭典で、女性や移民、性的マイノリティらを鼓舞するスピーチを披露した。

 冒頭で2年連続で司会を務めたジミー・キンメルが「我々が見本を示さなければなりません。いま、いい方向への変化が起きています。ポジティブな一夜にしましょう!」と宣言したとおりのセレモニーとなった。

 授賞式の中盤、ハーベイ・ワインスタインからのセクハラ被害を訴えたアシュレイ・ジャッドが、アナベラ・シオラとサルマ・ハエックともに登壇。「#Metoo」や「Time's Up」の中心的人物の1人であるジャッドは「多くの人々が真実を語れる旅路は先行きが長いけれど、新しい道がゆっくりとだけど見えてきた」、アカデミー賞のこれからの90年間に「平等、多様性の包括、様々な人間性の容認の無限の可能性に力を与えること」を望み、「今年、そのことが約束されたのです」とスピーチ。続いて、「レディ・バード」や「ワンダーウーマン」といった女性のキャスト・スタッフが中心的な役割を果たした作品、黒人の視点で描かれた「ゲット・アウト」や「ブラックパンサー」、トランスジェンダーの女性の生き様を描き外国語映画賞に輝いた「ナチュラルウーマン」などにフィーチャーした映像が上映された。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >