2018/03/06 14:00

「自分を映す鏡」をテーマに若き監督たちの作品を上映 「日本映画の新しいカタチ」開催

若き映画監督の3作品を上映
若き映画監督の3作品を上映

 [映画.com ニュース] 気鋭の若き映像作家の作品を特集する「日本映画の新しいカタチ」が3月23~25日の3日間、神奈川県鎌倉市の鎌倉市川喜多映画記念館で行われる。

 「自分を映す鏡」をテーマに、誰かと対面することで翻ってみえる自分の姿、あるいは相手との関係の中でみえてくる自分の態度や特質と向き合う様子が顕著に描かれた、近年の日本映画3作品をセレクト。かつて過ごした場所に母と赴き、出会った人びとへのインタビューを通じて自らと向き合う「沈没家族」(加納土監督/2017年)、家族でも友人でもなかった2人の女性が、共同制作の作業の過程で近しくなっていく「螺旋銀河」(草野なつか監督/2014年)、自らのたどってきた道を家族や友人との関係を通じて想起し、再び自分たちで演じることによって物語る「あるみち」(杉本大地監督/2015年)の3作品を、各日1回上映する。

 「沈没家族」はPFFアワード2017審査員特別賞、第20回京都国際学生映画祭グランプリ&観客賞、「螺旋銀河」は第14回ニッポン・コネクション(ドイツ)でニッポン・ビジョン審査員賞、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014で監督賞&SKIPシティアワード、そして「あるみち」はPFFアワード2015グランプリを受賞し、第66回ベルリン国際映画祭のフォーラム部門にも出品されるなど、いずれも国内外で高い評価を得ている作品がそろう。

 チケットは3月1日から記念館窓口ほかで発売。価格は1000円(小・中学生は500円)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >