2018/03/06 16:00

祝オスカー!「ブレードランナー 2049」に携わった日本人に話を聞いてみた

 [映画.com ニュース] リドリー・スコット監督の名作SFノワール「ブレードランナー」(82)の35年ぶりの続編として、大きな話題を呼んだ「ブレードランナー 2049」(17)が、第90回アカデミー賞で撮影賞と視覚効果賞を受賞。本作で、ハリソン・フォード演じる前作の主人公にして、続編のキーパーソン、リック・デッカードがもつ未来銃“ブラスター”には、ある日本人の情熱が詰まっている。レプリカからモデルガンへと進化し、ついに映画に採用された「留之助ブラスター」の開発者・中子真治氏に1月末、インタビューを敢行した。

 1980年代、特殊効果(SFX)が花盛りだったハリウッドでジャーナリストとして活動した中子氏は、日本に「SFX」という言葉を広めた人物だ。「ブレードランナー」のデッカードのブラスターにほれ込んだ中子氏と、モデルガン原型師の徳信尊氏が2007年に出会い、留之助ブラスター(以下、留ブラ)の制作がスタート。1作目の映画で使用されたブラスターは、既製のリボルバー銃やライフルの銃身といった様々なパーツに、手製のカバーやグリップを組み合わせた1点もの。それを忠実に再現すべく改良を重ね、留ブラは15年、「ブレードランナー 2049」に採用された。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >