2018/03/07 20:15

丸の内TOEIが超高級クラブに!? 現役ホステスたちが「孤狼の血」の迫力に拍手喝さい

手土産には特製弁当!
手土産には特製弁当!

 [映画.com ニュース] 第69回日本推理作家協会賞を受賞した柚月裕子氏の小説を、白石和彌監督のメガホンで映画化する「孤狼の血」のホステス同伴試写会が3月6日、東京・丸の内TOEI2で行われた。銀座の一流クラブに在籍する現役ホステス、エスコートを買って出た男性の100組200名が観客として招かれ、上映前の舞台挨拶には、白石監督が登壇した。

 銀座8丁目の有名クラブ20店から届いた鮮やかな花がずらりと並び、真木よう子演じる美人ママ・高木里佳子の店「club梨子」のゴージャスな世界観を投影させた丸の内TOEI2。夕刻になると、華やかな着物やドレスに身を包んだホステスたちが、男性にエスコートされながら場内へ。「こんなに馨(かぐわ)しい匂いのする試写会は、他にないでしょう!」とMCが言い表すほど、丸の内TOEI2は超高級クラブのような雰囲気に包まれていた。

 「海外の監督はみんなセレブなんですが、日本の監督はお金がなかなか稼げないので(笑)。僕もこの映画をヒットさせて、その暁には銀座の色んなお店に行ってみたいです」と笑いを誘った白石監督。「『孤狼の血』という昭和63年の広島を舞台に、『仁義なき戦い』シリーズを作ってきた東映の『今の時代にそんな映画を復活させたい!』という気持ちに乗っかって、僕も本当に去年気合を入れて作りました!」と作品に込めた思いを吐露すると「本当に格好良い男や、極道の世界なので危険な匂いのする男も、たくさん登場します! 最初は目を覆いたくなるようなシーンも多少あるのですが、3分、いや、5分ほど乗り切ってもらえれば、一気に最後まで見ていただけると思いますので、ぜひ、皆さん最後まで楽しんで見ていただければと思います!」と気遣いを見せていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >