2018/03/08 00:00

韓国の鬼才キム・ギドク、今度は女優がレイプ被害を告発

告発されたキム・ギドク監督
告発されたキム・ギドク監督

 [映画.com ニュース] 昨夏に女優への暴行罪で起訴された韓国の鬼才キム・ギドク監督に、今度はレイプ容疑が持ち上がった。米ハリウッド・レポーターが報じている。

 セクハラ撲滅を訴える#MeToo運動が勢いを増すにつれ、韓国でも被害者が続々と声を上げ始めているなか、3月6日放送の報道番組「PD Notebook」に3人の女優(いずれも氏名非公開)が出演。ギドク監督から受けた性的被害について赤裸々に語った。

 1人目は、精神的ダメージからパニック障害を患い、引退に追い込まれた元女優のAさん。出演する予定だった映画の準備中、ギドク監督から繰り返しセクハラを受けたそうで、さらに撮影中、キャストとスタッフが寝泊まりしていた宿泊所でレイプされたという。また、性的に不適切な行いがあったことを認め謝罪後、主演ドラマから降板させられるなど、自らもセクハラ騒動の渦中にいるギドク監督作の常連俳優、チョ・ジェヒョンにもレイプされたと告白。「先輩女優に助言を求めたところ、『この業界では当たり前のことよ』と軽くあしらわれてしまった。キム・ギドクとチョ・ジェヒョンが成功を欲しいままにする一方で、被害者のほうが夢を諦めなければならないなんて、どうしても納得がいかない」と怒りをあらわにした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >