2018/03/08 07:00

スピルバーグの制作会社、第2次世界大戦ドラマの映画化権を獲得

スティーブン・スピルバーグ Photo by Chance Yeh/FilmMagic
スティーブン・スピルバーグ Photo by Chance Yeh/FilmMagic

 [映画.com ニュース]スティーブン・スピルバーグ監督の製作会社アンブリン・パートナーズが、ノンフィクション本「Daughters of the Resistance: Valor, Fury, and the Untold Story of Women Resistance Fighters in Hitler’s Ghettos」(ジュディ・バタリオン著)の映像化権を獲得した。

 第2次世界大戦中に、若いユダヤ系の女性たちがナチスに対してレジスタンス活動を行っていたという知られざる実話をもとにした物語で、2020年に刊行を予定している。スピルバーグ監督は、自らメガホンをとった「シンドラーのリスト」(1993)や「プライベート・ライアン」(98)のほか、クリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」(06)と「硫黄島からの手紙」(06)、さらにテレビドラマ「バンド・オブ・ブラザーズと「ザ・パシフィック」をプロデュースするなど、第二次世界大戦を題材にした作品を多数生みだしている。

 しかし、女性からの視点は今回が初めてとなる。果たして彼自身が監督を手がけるのか、プロデューサーとしての参加となるのかは現時点では不明。ドリームワークス・ピクチャーズ作品として制作され、バタリオンが共同プロデューサーとして参加するという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >