2018/03/08 10:00

瀬々敬久監督「菊とギロチン」7月公開 木竜麻生&東出昌大の熱演とらえた場面写真入手

アナキスト・グループ「ギロチン社」 (C)2018「菊とギロチン」合同製作舎
アナキスト・グループ「ギロチン社」 (C)2018「菊とギロチン」合同製作舎

 [映画.com ニュース]瀬々敬久監督が8年ぶりに自身の企画によるオリジナル映画としてメガホンをとった「菊とギロチン」が、7月から全国で公開されることが決定。あわせて、主演に抜てきされた新人女優・木竜麻生、東出昌大、寛一郎、韓英恵ら主要キャストの熱演をとらえた場面写真を、映画.comが先行入手した。

 舞台は大正末期、不穏な空気が漂う関東大震災直後の日本。物語の軸となるのは、かつて実際に日本全国で興行されていた女相撲の一座「玉岩興行」と、実在したアナキスト・グループ「ギロチン社」の青年たち。力自慢の女力士のほかにも、元遊女や家出娘が集った「玉岩興行」「格差のない平等な社会」を標榜する「ギロチン社」が、ともに抱く「差別のない世界で自由に生きたい」という純粋な願いによって、性別や年齢を越え、強く結びついていくさまを描き出す。

 瀬々監督が本作を企画したのは、30年前のこと。「10代の頃、自主映画や当時登場したばかりの若い監督たちが世界を新しく変えていくのだと思い、映画を志した。僕自身が『ギロチン社』的だった。数10年経ち、そうはならなかった現実を前にもう一度『自主自立』『自由』という、お題目を立てて映画を作りたかった。今作らなければ、そう思った」と決心を固めて製作をスタート。「映画は多くの支援があったからこそ完成できた」と明かすように、瀬々監督の思いに賛同した多くの会社や個人による出資やカンパで資金を調達した。「何かを変えたいと映画を志した若い頃、自分はこういう映画を作りたかったのだと初めて思えた。あとはいざ、世界の風穴へ。そうなれれば本望だ」と熱を込めて語っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >