2018/03/09 11:00

はやくも2019年アカデミー賞ノミネート候補の予想がスタート

「メアリー・クリーン・オブ・ スコッツ(原題)」の一場面 写真提供:アマナイメージズ
「メアリー・クリーン・オブ・ スコッツ(原題)」の一場面 写真提供:アマナイメージズ

 [映画.com ニュース] 3月4日(現地時間)に行われた第90回アカデミー賞授賞式をもって、正式に幕を閉じた今年の賞レース。そんななか、英ScreenDailyがはやくも2019年アカデミー賞作品賞の有力候補を大胆予想。同サイトが選出した12本の中から、特に注目度が高い作品を紹介する。

▼「ファースト・マン(原題)」
「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル監督が再びライアン・ゴズリングを主演に迎え、人類で初めて月面に降り立った米宇宙飛行士、ニール・アームストロングの生涯を描く伝記映画。昨年の第89回アカデミー賞授賞式では前代未聞の手違いにより、一度は手にしたオスカー像を「ムーンライト」のバリー・ジェンキンス監督に譲り渡すという屈辱を味わったチャゼル監督が、本作でリベンジを果たすことになるのか、注目が集まる。

▼「If Beale Street Could Talk(原題)」
次はそのジェンキンス監督の新作。1970年代初頭の米ニューヨーク・ハーレムを舞台に、若い黒人カップルの愛と信念を描いたジェームズ・ボールドウィンの長編小説「ビール・ストリートに口あらば」を原作に、ジェンキンス自ら脚色を手がける本作は、無名の新人女優キキ・レインをヒロインに抜てきしたことでも話題を呼んでいる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >