2018/03/10 12:00

桜田通、ずぶ濡れで低体温症寸前!? 主演映画「ラ」ビジュアル披露

劇中歌は桜田が作詞したもの
劇中歌は桜田が作詞したもの

 [映画.com ニュース] 俳優の桜田通が、高橋朋広監督がメガホンをとった青春映画「ラ」に主演することがわかった。あわせて、過酷な撮影に挑んだ桜田の姿をとらえたメインビジュアル、劇中のバンド「LACTIC ACID」のライブを写すカットがお披露目された。

 本作は、世界中の赤ん坊の産声が「ラ」の音であることから発想が生まれ、“始まり”“生まれ変わること”をテーマにした作品。恋人の家でヒモ生活を送る元バンドマン・岡浜慎平(桜田)が、ある理由で1年前に解散したバンド「LACTIC ACID」を再結成させるために動き出し、様々な出来事に見舞われるさまを描く。桜田のほか、慎平にお金を貢ぐ恋人・加瀬ゆかり役を福田麻由子、物語のキーマンである「LACTIC ACID」の元リーダー・黒須彰太役を笠松将が演じる。

 公開されたメインビジュアルは、マイナス3度という気温のなか、総量15トンもの雨に打たれ、泥まみれでの芝居に挑戦した桜田の姿を活写。3時間もの間冷たい雨に身をさらし、濡れた髪がすぐさま凍りつくという過酷な環境によって、肉体は低体温症寸前だったようだが、桜田は役者魂を発揮して撮影を乗り切ってみせた。さらに、渋谷のクラブ「WOMB」でのライブシーンに臨んだ際には、当て振り無しの生演奏を観客200人の前で披露。劇中歌の作詞は桜田が手がけ、人気ロックバンド「SILENT SIREN」の音楽プロデューサー・クボナオキ氏が作曲を担当している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >