2018/03/10 14:40

吉永小百合、120本目の映画出演作「北の桜守」封切りに感無量「昨夜は眠れませんでした」

舞台挨拶に立った吉永小百合、堺雅人ら
舞台挨拶に立った吉永小百合、堺雅人ら

 [映画.com ニュース] 吉永小百合の映画出演120本目となる「北の桜守」が3月10日、公開初日を迎えた。吉永をはじめ、堺雅人、篠原涼子、岸部一徳、阿部寛、佐藤浩市、滝田洋二郎監督は、東京・銀座の丸の内TOEI1で舞台挨拶を行った。

 同作は、終戦間際の南樺太で暮らす母と子の数奇な運命を描く人間ドラマで、「北の零年」(2005)、「北のカナリアたち」(12)に続く“北の三部作”の最終章に当たる。特注“桜満開”絵柄の巨大扇子前に立った吉永は「この映画は滝田監督のもと、いま壇上にいるキャスト、スタッフが心を込めて作り上げたものでございます。みなさん、いかがだったでしょうか」と呼びかけ、満席の客席から温かな拍手を受け、ホッとしたように笑みを浮かべた。

 1月16日の広島を皮切りに全国100カ所に及ぶキャンペーンを展開し、計400媒体の取材を受けたという吉永。その移動距離は約9000キロ。劇中で堺演じる息子・修二郎が渡った米ロサンゼルスまでの移動距離とほぼ同じと聞かされると、「え、本当ですか?」と驚き、「広島では佐藤浩市さんとご一緒させていただきましたが、その後は、なかなかみなさんとお食事する機会がなくて、札幌では実現するかと思ったら、私がインフルエンザにかかってしまった。堺さんが行ってくださって、私の分までしゃべっていただいた。だから、実際はもっと少ないと思います」と謙遜した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >