2018/03/11 06:00

大森南朋&宇野祥平、“作家主義”掲げる「鈴木家の嘘」に出演!公開は11月に決定

名優と個性派が物語を支える
名優と個性派が物語を支える

 [映画.com ニュース] 「作家主義」「俳優発掘」を掲げ、沖田修一監督作「滝を見にいく」、橋口亮輔監督作「恋人たち」などを世に放ってきた松竹ブロードキャスティングオリジナル映画製作プロジェクトの第6弾「鈴木家の嘘」に、大森南朋と宇野祥平が出演していることがわかった。あわせて、3月13日から撮影が始まり、11月から東京・新宿ピカデリーほか全国公開されることも発表された。

 引きこもりの長男の突然の死に直面した鈴木家の混乱と再生を、笑いと涙でつづる感動作。「恋人たち」「舟を編む」「セトウツミ」など多くの作品で助監督を務めた野尻克己が、自身のオリジナル脚本で劇場映画監督デビューを果たす。キャスト陣では、岸部一徳が鈴木家の父・幸男役、原日出子が母・悠子役、加瀬亮が引きこもりの長男・浩一役、岸本加世子が幸男の妹・君子役、ワークショップを経て400人の候補者から選ばれた新星・木竜麻生が長女・富美役に扮している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >