2018/03/11 07:00

三浦春馬主演で伊坂幸太郎“唯一”の恋愛小説集を映画化!監督は今泉力哉

連作短編集「アイネクライネ ナハトムジーク」実写映画化
連作短編集「アイネクライネ ナハトムジーク」実写映画化

 [映画.com ニュース] 「アヒルと鴨のコインロッカー」「ゴールデンスランバー」などで知られる人気作家・伊坂幸太郎氏が執筆した唯一の恋愛小説集「アイネクライネナハトムジーク」が実写映画化されることになり、三浦春馬が主演することがわかった。そして伊坂氏の「映像化できるのはこの人しかいない」という熱烈ラブコールを受け、“ダメ恋愛映画の旗手”と称される新鋭・今泉力哉監督(「パンとバスと2度目のハツコイ」など)がメガホンをとる。

 2014年に単行本が発売され、17年に文庫化、現在までに42万部(電子書籍除く)の売り上げを突破している本作が誕生したきっかけは、ミュージシャンの斉藤和義だった。かつて会社勤めしながら小説を書いていた伊坂氏は、通勤中に斉藤の楽曲「幸福な朝食 退屈な夕食」を聞き、退職と執筆活動の専念を決意。時を経て、斉藤は伊坂氏に「出会い」をテーマにした作詞を依頼し、そこから2人の交流が始まった。伊坂氏は「作詞はできないが、小説を書くことならば」と恋愛短編小説を執筆し、これをもとに「アイネクライネナハトムジーク」が完成した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >