2018/03/12 09:00

太賀&吉田羊が親子役!歌川たいじ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」映画化

何年も関係を断っていた母子の物語 (C)2018「母さんがどんなに僕を 嫌いでも」製作委員会
何年も関係を断っていた母子の物語 (C)2018「母さんがどんなに僕を 嫌いでも」製作委員会

 [映画.com ニュース] 人気ブロガーで漫画家、小説家としても活躍する歌川たいじ氏のコミックエッセイ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」(KADOKAWA刊)の実写映画化が決定。進境著しい若手俳優・太賀と、映画単独初主演作「ラブ×ドック」(5月11日公開)も控える吉田羊が親子役として共演していることがわかった。

 2013年に発売されたコミックエッセイ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」は、歌川氏自身が経験した母子間の問題を乗り越えていく様子を描いた作品。映画は、社会人として働くタイジ(太賀)が、友人との出会いをきっかけに自分の壮絶な過去を振り返りながら、何年ものあいだ関係を断っていた母・光子(吉田)と向き合い、愛を一心に伝えるさまを映し出す。「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」の御法川修監督がメガホンをとり、スティーブン・スピルバーグ監督作「レディ・プレイヤー1」(4月20日公開)に出演する森崎ウィン、「仮面ライダーウィザード」でブレイクした白石隼也のほか、秋月三佳、斉藤陽一郎、木野花、子役の小山春朋くんが共演する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >