2018/03/13 17:45

周防正行監督、出世作「シコふんじゃった。」の母校・立大相撲部の名誉監督に就任

「周防正行杯」も企画しているという
「周防正行杯」も企画しているという

 [映画.com ニュース] 周防正行監督が、母校・立教大学相撲部の名誉監督に就任することになり3月13日、東京・西池袋の同校で会見した。

 今年4月から創部100年目を迎え、1964年には堀口圭一さんが学生横綱になるなど歴史と伝統を誇る同部だが、82年の卒業生を最後に部員が0となり、他の体育会から選手を借りて試合に出場していた不遇の時代が12年続いたこともあった。その時期をテーマにした映画が、81年卒業の周防監督の「シコふんじゃった。」(92年)で、ブルーリボン賞作品賞などを受賞し出世作となった。

 現在も選手2人、女子マネジャー4人と団体戦に出場できない状況。部員獲得やチーム強化を図るため、ラブコールを受けた周防監督は「多分、20年前だったらちゅうちょしたと思うが、今振り返れば学生の頃は相撲部があることも知らなかったし、取材をする中で学生相撲の在り方をいろいろと知った。あの映画がヒットしたおかげで『Shall we ダンス?』も撮れた。僕の映画作りの歴史を通して、大きなポイントになった作品。本当にお世話になったし、貢献できるなら恩返しがしたい」と快諾した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >