2018/03/14 12:00

来日したリュック・ベッソン、ネタ全開のゆりやんに“笑撃”「彼女はエイリアン」

日本語吹き替え版のボイスキャストも登場
日本語吹き替え版のボイスキャストも登場

 [映画.com ニュース] リュック・ベッソン監督が、最新作「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」を引っ下げて来日。3月13日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われたジャパンプレミアに参加した。会場には、日本語吹き替え版でボイスキャストを務めた「THE ALFEE」(坂崎幸之助、桜井賢、高見沢俊彦)と、お笑いタレントのゆりやんレトリィバァも駆けつけた。

 西暦2740年、宇宙の平和を守る連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)と相棒のローレリーヌ(カーラ・デルビーニュ)が、銀河の危機を救うために大冒険を繰り広げるさまを描く。THE ALFEEは情報屋のエイリアントリオ「ドーガン=ダギーズ」、ゆりやんはリアーナ演じる踊り子バブルの声を担当している。

 開口一番「どうもありがとう!」と日本語で挨拶したベッソン監督は、「初めて来日してからは30年以上経つ。また30年後、車いすに乗ってでも来日するよ!」と陽気に盛り上げた。さらに「本作は、完成までに4年かかっている。今日ここに、プロデューサーであり僕の妻が来ているんだ。彼女なしでは本作は完成させられなかった」とビルジニー・ベッソン=シラを紹介し、会場は温かな拍手に包まれた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >