2018/03/15 13:00

柄本佑「僕は内面が女子」 「素敵なダイナマイトスキャンダル」は冨永監督に「安心して抱かれた」

柄本佑(右)と冨永昌敬監督
柄本佑(右)と冨永昌敬監督

 [映画.com ニュース]編集者・作家の末井昭氏のエッセイを映画化した「素敵なダイナマイトスキャンダル」の記者会見が3月14日、東京・日本外国特派員協会である、主演の柄本佑、冨永昌敬監督が出席した。

 幼少期に実母が隣家の息子と不倫の末にダイナマイト心中するという衝撃の体験をした末井(柄本)は、高校卒業後に上京し、キャバレーの看板描きを経てエロ雑誌業界に入る。伝説のエロ雑誌の編集長となり、写真家・荒木経惟らとのタッグで80年代を席巻していくさまを描く。

 末井氏のエッセイなどに書かれた事実をどの程度脚色したかと問われた冨永監督は「末井さんは5本自伝的エッセイを書かれていて、本に書いていないことも伺った。僕は、脚色しているつもりはないですが、末井さんの周りには末井さんと同じように面白い人がたくさんいるので、5人いる人物を2人にハイブリッドにまとめたりした。主人公を追いかけつつ、その周りにいる100人くらいの人々を20人位した。それを脚色だとは思っていませんが、面白くなっていると思う」と自信を見せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

テンション高く過ごせる日。遊びに仕事に全力投球。未体験の出...もっと見る >