2018/03/16 12:00

J=P・レオが死を間近にした“太陽王”に…「ルイ14世の死」5月公開&ビジュアル披露

メガホンをとったアルベルト・セラ監督 (C)RomanYnan
メガホンをとったアルベルト・セラ監督 (C)RomanYnan

 [映画.com ニュース]ヌーベルバーグを代表する俳優ジャン=ピエール・レオ主演作「ルイ14世の死」が5月から日本公開されることが決定。あわせて、豪奢な衣装を身にまとった“太陽王”ルイ14世(レオ)がベッドに横たわっている姿を切りとったメインビジュアル、場面写真が一挙にお披露目された。

 宮廷の生活をつぶさに記録したサン=シモン公の「回想録」と廷臣ダンジョーの「覚え書,別名ルイ14世宮廷日誌」を基にした本作は、ルイ14世の死の床の数週間に焦点を当てた物語。左脚の壊疽(えそ)が悪化して死に向かうルイ14世と、その周りの医師や側近、貴族たちの姿を、ドラマチックなクライマックスを排除して描き出す。ジャン・ビゴ賞(2016)とリュミエール賞(2017)では最優秀男優賞と最優秀撮影賞を獲得し、第69回カンヌ国際映画祭の特別招待作品に選出された。

 メガホンをとったのは、「21世紀の前衛」と称され、古典や歴史上の人物を題材にした作品を創造し続けているスペイン・カタルーニャ出身のアルベルト・セラ監督。風車の出てこないドン・キホーテ物語「騎士の名誉」を06年に発表し、18世紀に実在した希代の色事師ジャコモ・カサノバとドラキュラが出合う「私の死の物語」では、13年のロカルノ国際映画祭最高賞を獲得。「ルイ14世の死」は、長編劇映画4作目にあたる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >