2018/03/16 17:30

社会派知的ミステリー「修道士は沈黙する」監督が語る映画を読み解くヒント

ロベルト・アンド監督
ロベルト・アンド監督

 [映画.com ニュース]「ローマに消えた男」ロベルト・アンド監督の最新作「修道士は沈黙する」が3月17日公開する。権力批判を含みながら“物質主義vs精神主義”を題材に、ドイツの高級リゾートホテルで大物政治家たちの集まりに招かれた修道士が思わぬ事件に巻き込まれていく様子を描いた知的ミステリーだ。来日したアンド監督が作品を語った。

 バルト海に面したドイツのリゾート地ハイリゲンダムでG8財務相会議が開かれる前夜。国際通貨基金の専務理事ロシェは、各国の財務相およびロックスター、絵本作家、修道士という3人の異色ゲストを招いて自身の誕生日祝いを開催する。会食後、イタリア人修道士サルスはロシェから告解を受けるが、その翌朝、ビニール袋を被ったロシェの死体が発見される。警察の極秘捜査が進められる中、戒律に従ってロシェの告解内容について沈黙を続けるサルスは、各国財務相の政治的駆け引きに翻弄されていく。トニ・セルビッロが、修道士サルスを演じる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >