2018/03/17 14:30

エロ雑誌の編集orストリーキング…柄本佑らが“究極の選択”に回答

舞台挨拶に立った柄本佑、前田敦子ら
舞台挨拶に立った柄本佑、前田敦子ら

 [映画.com ニュース] 編集者・作家の末井昭氏のエッセイを映画化した「素敵なダイナマイトスキャンダル」が3月17日、全国27館で封切り。主演の柄本佑、共演の前田敦子、三浦透子、尾野真千子、峯田和伸(銀杏BOYZ)、音楽の菊地成孔、原作者の末井氏、メガホンをとった冨永昌敬監督は、東京・テアトル新宿での舞台挨拶に出席した。

 幼少期に実母が隣家の息子と不倫の末にダイナマイト心中するという衝撃の体験をした末井(柄本)は、高校卒業後に上京し、キャバレーの看板描きを経てエロ雑誌業界に入る。伝説のエロ雑誌の編集長となり、写真家・荒木経惟らとのタッグで80年代を席巻していくさまを描く。

 登壇者の人数が多かったため、舞台挨拶は○と×の札を挙げる形式で進行した。「出演に迷いはなかった?」という問いには、尾野と菊地がバツの札を掲げた。尾野は柄本の出演シーンに関して「台本に書かれていた文字が過激だったので。私、これ出ていいのかなと」と答えると、写真家・荒木役として劇映画初出演を果たした菊地は「俳優じゃないので。絶対に無理だと思った」と回答。「音楽は最初からやるつもりでした。冨永君と汚いやりとりをしましたね(笑)。末井さんと、お母さま役の女優さんのデュエットソングが実現できれば出演する」と末井氏と尾野が歌唱を担当した主題歌「山の音」を仕上げて芝居に初挑戦したが、「(演技は)もう2度とやらない」と断言していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >