2018/03/17 16:00

妻夫木聡、映像化初企画の「イノセント・デイズ」で追求した“当たり前”という概念

「イノセント・デイズ」劇中カット
「イノセント・デイズ」劇中カット

 [映画.com ニュース] 俳優・妻夫木聡が初めて自ら映像化を企画したドラマ「イノセント・デイズ」が、3月18日からWOWOWプライムで放送される。2014年に発表され、第68回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞した早見和真氏の同名小説(新潮文庫刊)を、「愚行録」の石川慶監督の演出で映像化。妻夫木が、幸せの概念を覆す力を持つ今作に込めた思いを語った。

 佐々木慎一(妻夫木)は、幼なじみの田中幸乃が、元交際相手の住むアパートに火を放ち妻子を焼死させたとして死刑判決を受ける姿を法廷で見つめていた。幼少期の幸乃を知り、ある“負い目”を持つ慎一は、彼女が真犯人ではないと直感し、味方を探してさまざまな人々のもとを訪問する。だが、先々で幸乃の壮絶な過去を聞き、意外な真実にたどり着く。

 今作は、妻夫木にとって「ぼくたちの家族」(2014)に続く早見氏原作の映像化作品。早見氏から発売直後に届けられた原作を読み、「早見さんの作品のなかで1番好きかも知れない」というほど気に入った。すぐに映像化に興味を持ち、自ら動き始めた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >