2018/03/17 20:45

アカデミー賞2冠「リメンバー・ミー」が描いた“死の克服” L・アンクリッチ監督に聞く

(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] 死は、決して悲しい別れではない。記憶にとどめていれば、逝ってしまった大切な人に、また会うことが出来る。第90回米アカデミー賞で2部門を受賞したディズニー/ピクサーの新作「リメンバー・ミー」(3月16日公開)は、見る者にそう囁きかける。監督を務めたリー・アンクリッチが来日し、世界中に感動の波を広げる今作を語った。

 アカデミー賞の長編アニメーション賞&主題歌賞に輝いた「トイ・ストーリー3」でも知られるアンクリッチ監督が、1年に1度だけ他界した家族に会えるとされるメキシコの祝日“死者の日”を題材に紡いだミステリーアドベンチャー。一族の掟で大好きな音楽を禁止されたギター少年ミゲルが、伝説的ミュージシャン、エルネスト・デラクルスのギターを手にしたことをきっかけに、テーマパークのように楽しく美しい“死者の国”へと迷いこみ、冒険を繰り広げる。

 「トイ・ストーリー」「モンスターズ・インク」「インサイド・ヘッド」など、奇想天外なモチーフと豊かな物語性を備えた作品を世に放つピクサーだが、ここまで死の概念を直視したのは初ではなかろうか。アンクリッチ監督は「死は今までのピクサー作品でも存在していました。『ファインディング・ニモ』や『カールじいさんの空飛ぶ家』がそうですね。ただ、直接的に相対したのは、今作が初めてかもしれません」と頷いたうえで、「一方でこの作品は、私は死そのものを描いたとは思っていません。誰かが亡くなった時、彼らを記憶にとどめ、次世代へ物語を伝え続けることで、人は生き続ける。我々皆がそうする義務を持っている。そういう物語なんです」と力強く断言する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >