2018/03/17 21:30

岡本喜八監督の娘・真実、母・みね子の映画監督初挑戦は「頭にきた」!?

岡本真実
岡本真実

 [映画.com ニュース] 故岡本喜八監督の妻で、プロデューサーとして支えてきた岡本みね子が旧姓・中みね子名義で初監督に挑んだ「ゆずり葉の頃」(2015)が3月17日、北海道・夕張市で開催中の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」のゆうばりチョイス部門で上映され、みね子監督の娘である女優・岡本真実が舞台挨拶に出席した。

 老境を迎えた市子は、かつて思いを寄せていた画家の絵画を探す旅に出る。海外勤務を終え帰国したばかりの息子・進は、理由も言わず旅に出た母を気にかけ、後を追う。みね子監督が76歳(当時)にして映画監督に初挑戦し、八千草薫が主人公・市子、風間トオルが息子の進、仲代達矢が画家に扮したほか、真実も進の妻として出演している。

 本映画祭の常連で、“みね子ママ”の愛称で親しまれるみね子監督だが、今年は欠席。真実によると理由は「ドジに骨折しちゃった」そうで、「私の用事に『ついて行く』と家を出た途端にツーッと滑っちゃった。マンションの前が清掃されていて、『せっかくきれいにされたものを、踏みたくなかった』とまたいだら、つんのめって消化器に痛いほど頭をぶつけて。そのまま救急車で病院に行ったそうです」と明かす。スクリーンにはみね子監督のレントゲン写真が映し出され、提供した真実は「世界を飛び回っているタイプで、風邪も引かない超丈夫な女だったんですけど、初めての大事故」と語っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >