2018/03/18 08:00

映画が地元にやってきた!知られざるフィルムコミッションのお仕事とは

「エキストランド」プロデューサーの田中雄之氏
「エキストランド」プロデューサーの田中雄之氏

 [映画.com ニュース] 2017年、日本では邦画594本、洋画593本、計1187本の映画が公開された(日本映画製作者連盟)。昨今、作品やキャストのファンがロケ地を巡る“聖地巡礼”も盛んに行われている。どこで撮ったのかと思うようなシーンや、日本とは思えないような景色が登場する作品も多いが、映画製作者全員が日本を隅々まで知っているわけではない。その地域を熟知し、映像作品を支援するフィルムコミッション(FC)という団体が、映画を裏で支えているのだ。FCのシステムを初めて日本に持ち込んだ先駆者であり、全国のFCのネットワーク&国外の映像製作者からの窓口となっているジャパン・フィルムコミッション(JFC)理事長の田中まこ氏と、FCと映画製作者の関係性を描いた映画「エキストランド」(公開中)プロデューサーの田中雄之氏に話を聞いた。

 「エキストランド」は、悪徳プロデューサーの駒田が、映画で地元を盛り上げたい一心のFCと市民を騙して自分のためだけの映画製作を画策し、FCと市民たちが横暴な要求に振り回されるという“業界あるある”が詰め込まれた映画。今作の企画は、以前撮影でFCに助けてもらったという田中プロデューサーが、「この人たちはなぜこんなにも協力してくれるのか」と疑問に思ったことがきっかけだという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

テンション高く過ごせる日。遊びに仕事に全力投球。未体験の出...もっと見る >