2018/03/18 10:00

川栄李奈、“女優”として生きる理由 冴えた思考に裏打ちされた希有な表現力

トロフィーを持ち笑顔の川栄李奈
トロフィーを持ち笑顔の川栄李奈

 [映画.com ニュース] 女優として希有な表現力を見せ続ける川栄李奈が、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」(3月19日まで開催)の「京楽ピクチャーズ.PRESENTS ニューウェーブアワード」を受賞した。人気アイドルグループ「AKB48」を卒業してから、約3年。川栄は何を胸にとめ、ここまで歩みを続けて来たのだろうか。北海道・夕張の地で、インタビューに応じた。

 輝きを放つ俳優やクリエイターたちに、「新しい波(ニューウェーブ)を起こして欲しい」という期待を込めて贈られる同賞。「女優として初めて賞をもらった」と表情をほころばせた川栄は、「お芝居がしたいと思ってAKBを卒業したので、お芝居のことで賞を頂くというのは、『このお仕事をやっていて良かった』と思いました」と幸福を噛みしめる。

 作品のたびに、まったく違う表情を見せてくれる川栄。「亜人」で身長差約38センチの城田優を相手にアクションに挑んだかと思えば、「嘘を愛する女」ではうっとりとした笑みが逆に不気味なゴスロリ女子に扮し、日本版声優を務めた「KUBO クボ 二本の弦の秘密」ではまるで何10本と経験してきたかのような声の芝居を披露した。現在は最新出演映画「プリンシパル 恋する私はヒロインですか?」が公開中で、初主演作「恋のしずく」(2018年内に封切り)も控えている。千変万化の演じぶりだが、意外にも役づくりは「得意じゃない」という。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >